スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

板垣伴信氏のデビルズサードがWiiU独占タイトルで発売決定!

『任天堂はこのゲームをこのゲームが目指した所をキッチリいっしょに作り上げようじゃないか!という風に僕に言ってくれたんですね。そういう風に言われたらねえ・・・俺も男ですから、じゃあやるぞ!という気持ちになりました。』 
板垣伴信


0_20140616154247401.png

任天堂は,米ロサンゼルス現地時間の2014年6月10日,E3 2014期間に合わせて,板垣伴信氏率いるヴァルハラゲームスタジオがPS3およびXbox 360に向けて開発中だった「Devil's Third」を,Wii U独占でリリースすることを明らかにした。

0_201406161903543f2.jpg

『Devil’s Third』は、『DEAD OR ALIVE』『NINJA GAIDEN』シリーズを手がけた板垣伴信氏率いる「ヴァルハラゲームスタジオ」の新作シューティングアクションゲームです。
洋風な雰囲気に和のテイストが融合した独特の世界観と映像で、シューティングと近接攻撃を駆使するスピーディでダイナミックなアクションが楽しめます。シミュレーション要素を含んだ大規模マルチプレイにも対応しています。
http://www.nintendo.co.jp/event/e3_2014/lineup/devils_third/index.html

0_20140616152443ef0.png


Wii U - Devil's Third E3 2014 Trailer

http://youtu.be/7yTldFe2m-A



過去の関連記事
板垣伴信氏が第三の柱と位置づける完全新作『Devil's Third』のロゴを一新したと発表。今年中に発売すると宣言!

忍者外伝シリーズやDOAシリーズで知られる板垣伴信さん本人が2ちゃんねるに「デビルズサード」の近況報告をガチ書き込みしていろいろ答えてたくれたみたいです。

DOAや忍者外伝のクリエイターで有名な板垣伴信氏のヴァルハラゲームスタジオがTHQより『Devil’s Third』の著作権・販売権を取得



Devil's Third Gameplay Demo - E3 2014
http://youtu.be/3Ndkwgr5eB8


0_20140616194620019.jpg 0_201406161947256a9.jpg

0_2014061619334679d.png

―どうやってWiiUになりましたか? なにか任天堂からアプローチされましたでしょうか?
板垣伴信氏
「ハハハ・・・あの~(苦笑)まあ、あのあれですよ はっきり言えばですね。ここにいらっしゃるダニーさんもそうなんですけども、任天堂さんは遊びをね心から愛してる。いや他のメーカーが違うっていうわけじゃないですよ  ただ任天堂はこのゲームをこのゲームが目指した所をキッチリいっしょに作り上げようじゃないか!という風に僕に言ってくれたんですね。
そういう風に言われたらねえ・・・俺も男ですから、じゃあやるぞ!という気持ちになりました。」

0_201406161947256a9.jpg 0_20140616194953083.jpg

0_20140616153708a8e.png

―内容がいっぱいありそうですね 説明していただけますか?(PVを見て)
板垣伴信氏
「そうですね これは本当に盛りだくさんでね 戦闘級 戦術級 戦略級とまあいろいろなレイヤーがあるんですけれども また、え~剣の戦い 銃の戦い ベアナックルの戦いと まあ本当に多岐にわたるんですね また~そこに従来のシューター、僕はいいモノはきちんと取り入れますからね 過去の偉大な先人達が作り上げたシューターならではの要素はすべて入ってます。 ですから例えばプレイのルールだったら『フリーフォーウォール』からそういったルールまですべて入ってます。それに加えて、デビルズサードはヴァルハラスタジオならではの遊びを盛り込んでいます。」

0_20140616162355ae4.png 0_20140616162155d29.png

0_20140616161209fe9.png

板垣伴信氏
「今日は本当にね 素晴らしいこのゲームを初めて発表する日なので、細かいことを1つずつ説明する時間も今ないんですけれども・・・今みんなの中にこれはいったい何なんだ?とか 良い意味でのハテナ(?)だと思うんですね それは徐々にご説明していきたいと思います。」

0_20140616162807080.png

―物語の背景となるストーリーはどういう感じなのでしょうか?教えてください
板垣伴信氏
「このゲームのストーリーは明日起こってもおかしくない世界、僕達は5分後に起こってもおかしくない未来と呼んでいますが、スクールオブデモクラシー(SOD)と呼ばれるテロリストがケスラーシンドロームを引き起こす かつてのUSSRが配備していた衛星破壊用の衛生によって引き起こされます。同時に上空の高い所でEMPで世界中を覆う事によって世界中のコンピュータや最新の兵器がほぼ使えなくなった状況です。 なのでインファントリークロスコンバットが起こる状況なのです。そして舞台となる場所のひとつにパナマを考えてます。パナマが破壊することによって米海軍の大西洋艦隊と太平洋艦隊が合流することができなくなります。同時にスエズも破壊します。またロサンゼルスやサンフランシスコの沖の海底に光ファイバーがあるんですけど、そういった世界中の通信のハードも破壊します。よってスクールオブデモクラシー(SOD)が考えてる事は現在のミリタリーバランスのワールドオーダーをリセットして世界中を混沌に陥れる事が目的です。」

0_2014061619405213d.jpg 0_201406161942082d5.jpg

0_20140616194330128.jpg 0_20140616194428d64.jpg

板垣:「海軍にたとえるなら、Dead or Aliveが太平洋艦隊で、NINJA GAIDENが大西洋艦隊」
板垣伴信

―板垣さんなりの先端技術を使ってますけど、WiiUというハードでDRC※、技術的な質問では60FPSなどはいかがでしょうか?
板垣伴信氏
「技術的な事よりもそのプラットフォームでしか扱えないユニークな所やオリジナリティを最大限に引き出して全部使うのが私のポリシーです。もちろんDRCも使っています。DRC・・・ゲームパッドはコンバットに置ける重要な要素はオンラインマルチプレイヤーとのコミュニケーションに使ってますね。 僕がこのゲームを製作するにあたってより本物に近いなと思っていろいろと反映させています。」
※WiiU開発キットでは、ゲームパッドの事をDRCコントローラーと呼ぶ

0_201406161938303ac.jpg

0_20140616193938bc2.jpg


Devil's Third(仮称) E3 2014 出展映像
http://youtu.be/yJUFGEQf6go



最後に板垣氏がダニーさんからお話があると仰って放送が終了しますが、
このダニーさんという方はTHQの元社長 Danny Bilsonさんという方みたいですね


スポンサーサイト
[ 2014/06/16 19:56 ] WiiU | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://igarisan0524.blog.fc2.com/tb.php/332-e42fe727







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。