スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

泉水敬氏「我々は短期的な数字でどうこうというのはあまり考えていません。 今後より豊富なバリエーションとXbox Oneならではの体験を提供」

3_20140922151535c43.png

メディアクリエイトが発表した日本での初速の数字は約2万5000台と、PS4やWii UといったライバルハードやXbox 360を上回るスロースタートとなった。日本マイクロソフトとしてはゲームプラットフォームの寿命が長期化している点に着目し、初速の数字にこだわらず、数カ年計画で粘り強くプラットフォームの普及に尽力していく構えだが、ローンチ以降の2段階目、3段階目の起爆剤は何になるのか。日本でXbox事業の舵取りを担う日本マイクロソフト執行役インタラクティブエンターテインメントビジネス ゼネラルマネージャーの泉水敬氏に話を伺った。

0_2014092213360497a.jpg

――Xbox Oneについて、先日日本での販売台数の速報値が出ましたが、この数字についてどのように考えていますか?

泉水氏:我々は短期的な数字でどうこうというのはあまり考えていません。Xbox Oneを購入したユーザーからは非常にポジティブな評価を頂いています。我々としてはそういった声を拾いながら、年末商戦に向けてより魅力的なコンテンツ、限定版のコンソールを含めて、ユーザー様に対してより魅力的なオファーを出しながら、それらのコンテンツを中心としたプロモーション活動を通してXbox Oneの魅力をより多くの方に知ってもらうことで、ユーザーの方にご購入頂けるのではないかと思っています。



0_20140922150523131.jpg

――サードパーティーさんの中には、当初、マルチプラットフォーム展開を発表していたタイトルを、急遽Xbox One版の発売を取りやめるというメーカーが出てきています。これについてどのように考えていて、今後どのように対応していこうと考えていますか?

泉水氏: 一部そうした動きがあるのは事実ですが、真逆の動きもありまして、我々としてはユーザーの皆さんに楽しんでもらい、満足していただけるラインナップを作っていくということと、同時にXbox Oneならではのゲームを出していく。これは我々ファーストパーティーを中心に展開していくことになりますが、サードパーティーのタイトルの中にもXbox Oneならではのタイトルもあります。そういったタイトルをひとつずつ増やして行くことで、ユーザーの皆さんには豊富なバリエーションとXbox Oneならではの体験を楽しんで頂けると思います。



0_201409221505505ae.jpg

――たとえば、北米では、Xbox OneでActivisionの「Destiny」が大きなヒットになっていますが、日本では残念ながらXbox Oneではリリースされていません。今後日本で「Destiny」がリリースされることはあるのでしょうか?

泉水氏: それはActivisionさんの計画次第ですので、我々としてはコメントできませんが、我々としては今後、「Halo The Master Chief Collection」がありますし、来年には「Halo 5 Guardians」も控えています。こういったタイトルをはじめ、サードパーティーさんも含めてもっともっと楽しい体験を提供して行ければと考えています。



0泉水と浅田とフィル TGSにて

――日本でのXbox Oneのリリースについて、ゲームコミュニティの意見として多いのは、「日本オリジナルタイトルが少ない」ということでした。それは他のプラットフォームと比較してというだけでなく、Xbox 360と比較してもということですね。こうした意見についてどのように向き合っていくつもりですか?

泉水氏: 東京ゲームショウ初日に発表させて頂きましたが、9月19日から日本オリジナルタイトル「D4」をリリースさせて頂きました。ユーザーの皆さんにとってはサプライズになったかと思います。「D4」以外にもローンチタイトルのひとつとして「Crimson Dragon」もリリースさせて頂いています。また、E3で発表しましたように「Scalebound」をプラチナゲームズさんと共同で開発していますし、そしてなんと言っても「ファントムダスト」があります。



0_201409221510207c6.jpg

 「ファントムダスト」はもうXboxユーザーでも覚えている方が少ないかもしれませんが(笑)、歴とした日本オリジナルのフランチャイズです。こういったようにすでに複数ラインの日本開発タイトルが走っていますし、これからもそういった取り組みは増やしていくつもりです。そのために今回、Xboxのトップであるフィル・スペンサーも来日しています。東京ゲームショウの会場にも足を運んで、色んなミーティングを通じて、今後の日本展開に役立つ情報を本社に持ち帰っていますので、今後の展開をどうぞご期待頂ければと思います。


日本マイクロソフト泉水敬氏にXbox Oneの今後の展開を聞く

0_2014092215205679e.jpg

Microsoft China、Xbox Oneの中国発売を急遽延期
0_20140922132640237.jpg
発売延期の理由は、「中国のゲームファンに最高のエンターテインメント体験を提供するために、もう少し時間が必要だと判断したため」としている。

現時点ではまだMicrosoftによる公式発表がないため、より詳しい理由は謎に包まれているが、業界関係者の間では、「多くのゲームの承認が降りず、タイトルラインナップが揃えられなかったため」、「中古ソフト対策を指示され、その対応が間に合わなかったため」、「中国独自のリージョンロックが必要になったため」など、様々な噂が伝えられている。

Xbox One + Kinect (Day One エディション) (6RZ-00030) Xbox One 発売記念版 (タイタンフォール同梱) (5C7-00034)
Xbox One + Kinect (Day One エディション) (6RZ-00030)
Xbox One 発売記念版 (タイタンフォール同梱) (5C7-00034)

スポンサーサイト
[ 2014/09/22 15:13 ] XBOX360 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://igarisan0524.blog.fc2.com/tb.php/371-e9f4cdde







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。